【潰瘍性大腸炎ってどんな病気】私の症状紹介ブログ ①発症~超悪化

スポンサーリンク

どーも、ゆーさんです。

私は5年前から難病に指定されている潰瘍性大腸炎を患っています。

今では安倍前総理によってだいぶ知名度が上がった病気ですが、私の症状・経緯と病気の内容についてご紹介します。

ゆーさん

5年間色々な症状の時期があって色々な治療をしてます。気になる方のご参考になれば幸いです。

医学的な観点での説明ではなく、あくまで私の症例をご紹介する記事です

目次

潰瘍性大腸炎とは

医学的な説明はできませんが疾患している一般人として説明させて頂きます。

潰瘍性大腸炎の特徴
  • 大腸の病気。大腸の粘膜が勝手に炎症を起こして下痢、血便、頻便等を引き起こす
  • 難病に指定されている病気で発症要因や根本治療が明確に分かっていない
  • 良い時期(寛解)と悪い時期(再燃)を繰返し、基本的には完治しない
  • 悪化している時期は油っこいものや刺激物等、食事に気を付けないと更に悪化する

大きな特徴が上記だと思います。

一度患ってしまうともう治らない病気で一生付合っていく必要があるというのが最も辛いところです。

ただ、難病と言っても命に関わる病気という訳では有りません

そこそこ生き辛い生活がずっと続くという、何とも言いにくい辛さがある病気です。

年々疾患者が増加傾向にあって、食文化が西洋化してきた影響が大きいとも言われています。

私は30歳頃に患いましたが、10代後半~20代前半にかけての若い世代に発症しやすいというのも嫌な特徴です。

私の病状推移

今回は、私の発症~超悪化していくまでの経緯をご紹介します。

症状推移
  1. 発症
  2. 検査
  3. 治療~寛解
  4. 飲み会・喫煙による悪化
  5. ベトコン(ニンニク)ラーメンによる超悪化

発症(30歳)

医学的に発症要因が特定されてませんが、私の場合、私の感覚では禁煙をした事と過度なストレスで発症したと感じてます。

医学的根拠は全く有りませんが、大学病院の医師からも禁煙により発症する人が多いというデータがあるとは言われました。

私は喫煙歴10年以上のヘビースモーカーでしたが、時代の流れと健康を目指して禁煙外来を使って煙草を辞めました。

しかし禁煙して2~3週間でお腹に違和感を感じ、仕事で大事なプレゼンをする際に胃腸が痛くなるまで緊張(事前準備でもストレス過多)した事がトリガーとなって徐々に下痢・血便がでるようになりました。

医師からのコメントや私が調べた事を総括した私の勝手な解釈です。

治療が始まる迄の期間は何を食べてもトイレに直行して血便、お酒も飲めず人生に絶望したのを覚えています。

検査 (30歳)

症状でほぼ潰瘍性大腸炎なのですが、医学的に病名を確定させる必要があります。

最初は小さな町医者で診察を受けた為、大腸内視鏡等はなくレントゲンと大腸バリウムでした。

大腸バリウムは本気でオススメしません!!

本当に止めた方が良いと思います。

炎症で荒れた大腸にバリウムを流しこまれて、いつバリウムを漏らしてしまうか分からない大人の尊厳と闘いながら、台の上で右だ左だと転がされます。

私の人生で最も屈辱的で辛い時間でした。近代の拷問です。笑

できれば設備の整った病院で内視鏡での検査をオススメします!(希望すれば全身麻酔もできます)

最終的には総合病院を紹介され、内視鏡検査で病名を確定し薬を処方してもらう事が出来ました。

治療~寛解 (30歳~32歳)

治療が始まってからは割とすぐに安定しました。

アサコールという当時一般的だった飲み薬から始めました。

大腸に到達してカプセルが解けて大腸だけに効く特殊な薬で、ほぼ副作用を心配する必要がないとの事でした。

1回2錠を朝昼晩と1日3回飲むのが少し億劫なぐらいです。

飲み始めて2週間ぐらいで改善がみられるようになり、2ヶ月後にはココイチの2辛カレーが食べれた事も覚えています。

私はこの後、寛解が2年以上続きました

正直、持病持ちという事も忘れて運動も沢山するし、朝まで飲みに行ったりもしてました。

仕事で大きなトラブルが有り、3ヶ月間土日も仕事をしてストレスで精神がやられそうな時期ですら、病状が悪化する事は有りませんでした。

ゆーさん

辛かった時の事を忘れてこのまま調子に乗ってしまった事を強く後悔します。。

飲み会・喫煙による悪化 (33歳)

一番身近な同僚の転勤が決まり、1ヶ月間毎週3回の送別会。更には飲んでる時に煙草に手を出すようになりました。

元々、煙草を辞めてからの2年間も数回飲みの席で喫煙した事は有りました。

喫煙した翌日は少しお腹の調子が悪くなり、数日立つと元通りになっているというのを数度経験してました。

禁煙して発症した私にとって煙草が良くないのは当たり前のように思います。。

この同僚の送別会時期から元に戻らないぐらい悪化していく事になります。

煙草だけではなく、もちろん多量の飲酒もこの病気には良く有りません!

べトコンラーメンによる超悪化 (33歳)

ベトコンラーメンとはベストコンディションラーメンの略でニンニク山盛りのやばいラーメンの事です。

寛解時期は食べても問題もなく、ほぼ毎週金曜の夜に食べてました。

風邪気味の時でもこのベトコンラーメン食べると一発で良くなると言われてました。笑

送別会続きでお腹の調子が悪化し、ベトコンラーメンを食べたら少しは良くなるかなと思って食べました

その晩、睡眠中に目覚めてトイレに駆け込み多量の血便。翌朝から合併症で背中の関節痛(腰痛のようなもの)が酷くなりました。

ニンニクは殺菌作用があり、一度に大量に摂取すると腸内の菌を一掃してしまう。

※悪玉菌だけでなく善玉菌も一掃し、腸内環境を悪化させる恐れがある

これは完全に私の知識不足でした。

身体に良いと思って食べたニンニクで体調を大きく悪化させてしまいました。

これ以降はお腹の調子が悪化すると背中の関節痛も併せてでるようになってしまいました。

この先、今に至るまで3年ほど経ってますが初期の時期のように完全に安定した時期が有りません

マシな時期と悪い時期を繰り返している感じです。

終わりに

これが潰瘍性大腸炎という病気と5年間付き合っている私の発症~超悪化するまでの経緯です。

記載した通りですがこれからずっと悪い時期に入ります。

良くてもマシだと感じる程度です。

次回はこの超悪化を改善させる為に、新たな薬への挑戦や入院をしてしまいます。

興味がある方は次のお話も読んで頂けると幸いです。

宜しくお願いします。

にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ

スポンサーリンク

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次
閉じる